マスコミの中の人

テレビの報道記者が書きたいことを書いています。あ、でも転職するんだった!次は出版社です。

小休止・~転職先は決まった、あとは辞めるだけ、というときに、どんなことに悩むのか~

こんにちは。

 

時系列に転職活動を紹介しようと思っていたのですが、

ちょっといまの気持ちを吐き出させてほしくなり…

 

すごくすごく、悩んでいます。

転職するのがいいのか、そうじゃないのか。

 

結局、不満を解消するために転職活動していたわけなので、

当初思っていた不満は解消できるのですが、

そのかわり新たな不満や不安が出てくるものなんですね。

一長一短なのは考えてみれば当たり前なんだけど…

 

ということで、まとめてみました。

どうしたらいいか、コメントで教えてください…

 

~転職先は決まった、あとは辞めるだけ、というときに、人はどんなことに悩むのか~

f:id:lovepicnic123:20180902021321j:plain

by anieto2k

 

 

私の尊敬する先輩で、

一足早く転職してしまった人がいました。

いわく…

 

「転職して得られるもの、失うもの、絶対両方ある。」

まず整理してみよう…

 

◆転職して得られるもの

・やりたいことが実現できる

→それで選んでいるから、ある程度いまは不満が解消されます

 

・会社に振り回されず、仕事内容に関してある程度自律的な決定ができる

→マネタイズさえちゃんとできれば、なにをやってもOKらしい

→転職のきっかけが「会社に振り回されるのもうイヤ」だったから、これは嬉しい!

 

・関東圏に行ける!

→住んでいる人からするとバカバカしいのかもしれないけれど、

 東京含め関東圏在住とと地方在住の違いは就活で上京するたびに感じた。

 情報の差がありすぎる。

 10年分くらいラグがある。

 メディアに関しても全然知らない、新しい動きが生まれている。

 私が想像もしていなかったような仕事で生計を立てている人もいる。

 いろんなものに触れてセンスも磨ける。

 そういう意味では、思い描いたことを実現できるかどうかは別として、

 選択肢は広がる

 あとは彼氏が…近くに…あああああああ

 

・専門知識・スキルがつく

→専門性を売りにしている会社だから、「これについては誰よりも詳しい」みたいなのは手に入る。それは財産になるはず。組織に余裕があり、教えてくれる先輩もちゃんといる。異動もない。

 

・規則正しい働き方が実現できる

→完全週休2日!お肌つるつる!出かける時に上司に申告する必要もない!

 

・海外出張!英語使える!

→ヽ(^。^)ノ

 

◇転職して失うもの

・給与が下がる

 

・ネームバリューも下がる

→次の転職が厳しくなる…?かも…

 

・福利厚生がしんどい

 

・次も続かなかったら…と不安

 

・人間関係や労務環境は本当のところ、入ってみないとわからない

→どんなに情報を集めてもこの不安は潰しきれない。

「入社する会社を信じるしかない」とエージェントさんに言われて

そんな無責任な、と思ったけれど

自分でも調べてみるうちに、どんなに情報を仕入れても

最後は「たぶん」「きっと」大丈夫、しかないのだと思った。

(それでももちろん、いろんな方法で調べた方がいいです。

 このことについては別の機会に)

 

・いまいる業界にはもう戻れない(おそらく)

→どんなところに未練があるの?もやもや…

 

・地方のメリット美味しくて安い食べもの!広い部屋!大自然

 

・高いお給料

→これが今回転職活動をしてみていちばん痛感したこと。

 落ち目とはいえ、マスコミはまだまだ力をもっている。

 そのぬるま湯から抜けられない…

 

・貯金して大学院に行けるかも

・するとキャリアチェンジも可能?

→もともと大学院が夢だったんだよね…

 でもいまの時点で何を勉強しに行くの?私…

 いまはまだ、思いつかない。

 

・現職でも10%くらいはやりたいことができている

→たまに好きなネタ書けたりね…

 一般の人たちを取材することが多くて、

 人って一生懸命生きているんだ、いい人ばっかりだ、と思える出来事に

 たくさん遭遇した。

 知識ではなく、感性が勝負の部分もあって、それはそれで楽しかった。

 

・いずれもっとよいところに転職できるかも

→エージェントさんには「青い鳥を見ていてもいつまでたっても動けない」と

 脅されましたが…でも、「石の上にも3年」理論だと、

 2年目で転職は少し損をする部分があるのかもしれない。

 だんだんと、そういう見方は少なくなってくるんだろうけど。

 

メリットデメリットいろいろあるのね。

第二新卒というのは、下手すると新卒より厳しい相場を受け入れないといけなくなったりする。

日本の就職市場というのは、新卒がいちばん光輝いている。

昔と違っていまは育てる余裕がない、だから高等教育で実学を!なんて言っていても、まだまだ新卒は強い。

 

【結論】

これから就活する人、がんばれ!

 

どうしたらいいか、コメントで教えてください…

この結論じゃだめなので、明日、続きを書きます…