マスコミの中の人

テレビの報道記者が書きたいことを書いています。あ、でも転職するんだった!次は出版社です。

エージェントさんを使ってよかったこと・悪かったこと~旧帝大卒マスコミ勤務が【第二新卒】で転職活動してみた③~

こんにちは。

 

きょうは新卒の就活では存在せず、

転職のときに突然現れるエージェントさんについて

説明します。

 

 

◇記事の中身

①エージェントさんを使ってよかったこと

②微妙だったなと思うこと

⇒私の結論は「就活の序盤は二人三脚で!でも最後は独走しないと後悔する!」です

 

 

どうしてそう思うのか説明していきます。

 

エージェントさんがなにをしてくれるのか、

どんなふうに頼れば力になってくれるのか、理解して臨めば

新卒の就活よりはるかに効率的で、前向きな就活ができますよ!

 

 

f:id:lovepicnic123:20180903234948j:plain

by citirecruitment

 

①エージェントさんを使ってよかったこと

・志望動機や転職理由について整理してもらえる

⇒エージェントさんを最大限活用した方がいいのはこの場面です。

 他の業界の人には伝わりづらい部分や

 ひとりよがりな部分を修正してくれます。

 

 また彼/彼女たちは、スキルや経験を言語化するプロです。

 自分にはどんなアピールポイントがあるのかわからず

 うんうん唸っているくらいなら、

 具体的にやってきたことを箇条書きにして投げてみるといいです。

 キレイな「○○力」にして返してくれます。

 それをもう一度、自分の言葉に直せば完璧です。

・受ける企業の情報を持っている

⇒面接でどんな質問がきそうか、人事担当はどんな人か、など

 教えてもらえることが多く、準備した状態で面接に臨めます。

 「あまり書類通過する人がいなくて情報がない…」とか

 言われることもありますが、強気で

 「情報を集めてみてもらえませんか?」とお願いすべき!

 

・心が折れそうなとき励ましてもらえる

⇒特に現職に残って就活していると、すごい勢いで体力が削がれていきます

 親しい人に内緒で活動しなければいけない場面も多々。

 うしろめたさや自分の不甲斐なさも相まって、気力もシュルシュル…。

 

 そんなときに鬼電してきたり、

 一緒に考えてくれるエージェントさんがいれば、

 ある意味引っ張られるようにして頑張れることがあります。

 私も何度かそういう場面がありました。

 

 後述するようにべったりだとだめですが、

 孤独な活動、うまく励ましてもらいましょう。

 

・面接のフィードバックをくれる

⇒エージェントさんが、受験した企業から「よかった点と懸念点」をヒアリングし、

 こちらに伝えてくれます。

 これは絶対頼むべきです。

 新卒のとき、「落とされたけど、なにがいけなかったかわからない…」という

 辛さがありましたが、

 そんなことはもう少なくなります。

 落ちた企業に関しても、落ちた理由を教えてくれるので次回に生かせます。

 

・日程調整やskype面談の打診もすべてお任せできる!

⇒私は地方に住んでいるので、面接の6割はskypeでやりました。

 これも直接交渉するのは気が引けますが、

 エージェントさんが話してみてくれるならお願いしやすいです。

 

②微妙だったこと

f:id:lovepicnic123:20180904004454j:plain

by Joi

 

・内定が出た瞬間、そこに入社するようプレッシャーをかけられる

⇒入社を断ろうとしたら

「後悔しないですか?」

「他にどこか入れそうなところが本当にあるんですか?」

「青い鳥を追いかけてもしょうがないですよ」

「もう期限が…」

「先方からも評価が高いのにもったいない」

などど伝えてきます。

なぜなら彼/彼女たちは成功報酬型で働いているので、

受け持ちの転職希望者が内定を獲得するだけでなく、

入社しないとギャラが発生しないのです。

 

エージェントさんの猛プッシュに流されてしまいそうになったときは、

私は「仕事があってメールでしかやりとりできない」

⇒文面の方がお互い冷静に考えられる

「両親を説得しているから、少し待ってほしい」

などと距離を保つ工夫をしていました。

 

自分の就活なんだ、と念仏のように唱えることが大切です。

 

・企業探しは、頼り切りではダメ。自分でもしないと!

⇒紹介してもらったところだけを受ける、というのは絶対NG!

 けっきょく志望動機に身が入らず、相手に見抜かれます。

 たかが数時間しか話していない相手に、

 自分の本当のことが分かるはずはないのです。 

 

 こちらからいくつか企業を探して提案するのが絶対おすすめ。

 

 私も数社「ここを検討しているが、取り扱いがあれば推薦してほしい」

 とお願いしたところ、いくつか受けることができました。

 

 それだけでなく自分の目標を具体的に伝えられるので、

 その後、紹介してくれる企業のマッチ度が上がりました。

 

・こちらの話を聞かず一方的にお話するエージェントさんがいる

⇒時間の無駄なので変えてもらった方がいいです

 

◇結論

 企業探し~志望動機など作成~選考終了まではめちゃくちゃ助かる!

 でも内定後は流されてしまう危険がある!

 ⇒「就活の序盤は二人三脚で!でも最後は独走しないと後悔する!」

 

 いかがでしたか?

 具体的なエージェントさんの感想は、また追って書きたいと思います。