マスコミの中の人

テレビの報道記者が書きたいことを書いています。あ、でも転職するんだった!次は出版社です。

マスコミ・メディア志望がベンチャー特化型エージェント"Goodfind"を使うと?感想と注意点~【第二新卒】で転職活動~

 

こんにちは。

 

f:id:lovepicnic123:20180913205218j:plain

by RLHyde 

きょうはベンチャーに強いエージェント

”Goodfind Career”を使ってみた感想と注意点を書いていきます。

個人的にはすごくおすすめのサービスです。

※あくまで個人的な感想です。

 

◆内容

①登録時期と当時の状況

②Goodfind Careerに登録した理由

③登録、面談、企業紹介の流れ

④普段のエージェントさんとのやりとり

⑤良い点

⑥注意点

 

①登録時期と当時の状況


就活開始から2~3週間後
・他エージェントさん経由で2社応募している状態
職務経歴書と履歴書はとりあえず完成している
・やりたい職種(記者・編集者)がなんとなく見えている

 

②Goodfind Careerをに登録した理由


1.新卒のときからお世話になっていたから

Goodfindには新卒の就活でもお世話になっていました。

企業の紹介はしてもらわなかったものの、
グループワークの練習や、キャリアセミナーを受けていました
セミナーの質はかなり高く、これで無料でいいのか、 と驚いた記憶があります。


2.選択肢を広げたかったから


今回はいわゆる「第二新卒」での就活だったので、

大手のマスコミでは募集が限られていました

大手の転職サイトを2~3週間利用していましたが、

記者職や編集職での募集は、 正直なところあまり魅力的なものが見当たず…。

 

そこでふと、新卒の就活時代のGoodfindの質の高さを思い出しました。
とりあえず選択肢を広げてみるのもいいかも、 とあまり迷うことなく登録しました。


③登録、面談、企業紹介の流れ

 

◆登録について


・登録フォームに必要事項を入れ、職務経歴書も送付
・登録するとその日のうちに、 初回面談の日程調整をするメールが。
すぐに面接日が決定。急いでいたので助かりました!

 

◆初回面談

 

・初回面談はskypeで1時間半!
⇒担当エージェントさんの名前をあらかじめ教えてもらえます。
 さらにGoodfindを運営しているスローガン社さんのHPには 、

 社員紹介のページがあるので、

 写真とどんなキャリアの方なのか先に見ておくといいと思います。

 

・将来どんな人になりたいかヒアリング
⇒私は「情報を届けるプロになりたい」と答えました。するとそのために必要なスキルについてディスカッション。 「私が身に着けるべきでまだ習得できていないスキル」について具体的に挙げてもらい、それが手に入りそうな企業を紹介してくれる、とのことでした。

 

次の日に数社、企業の紹介が!

⇒気が進まないものについては、その理由を説明すると調整してくれます!

 とりあえず書類だけでも、など無理に受けさせられることはありませんでした

 ベンチャーなので職種だけでなく、企業風土や理念とのマッチ度も重視して

 紹介してくれている印象です。

 

・その後は企業紹介→こちらから「受けたい」「違う」のフィードバック→企業紹介…の繰り返し。

 

結果的に…

・自分で調べた行きたい企業を3社伝える

⇒そのうち2社が取引のある会社だったようなので推薦を依頼

⇒経験不足でお見送り…

 

・紹介してもらった企業を1社受験

⇒2次面接まで進むもお見送り

 

・他に紹介してもらった2社に書類を送るも、なんか違う気がして辞退

⇒実際に内定をもらったところはありませんでした。


④普段のエージェントさんとのやりとり~人間味が溢れている!すき!~

 

・お返事が濃く、感情がこもっている


⇒たとえば、 紹介された企業からお見送りのご連絡をもらったときも、
「せっかく東京まで来てくれたのに良いご縁を結べず申し訳ない」 と電話をくれたり、
就活で受けるストレスにまで気遣ってくれて、
「自分は週末意識的に自転車で走るようにしている」 など教えてくれて、
 ビジネスライクじゃない感じが私にはすごくよかった。

 

メッセンジャーで対応してくれる

⇒いちいちメールに宛名とか「お世話になっております」とか打たずに、

 用件だけガンガンやりとり


夜中でも相談に乗ってくれる

⇒現職に残って就活していた身としては、本当に本当にありがたかったです…


・企業に応募する際、 有利になる条件を教えてくれる

⇒そういうものをもっていないか、その都度確認してくれる
⇒自分ではアピールになると思わなかった「 外国人へのインタビュー経験」や「留学先の授業で学年1位」 などを盛り込んでいただいた。


・紹介してくれる企業について、説明が丁寧


⇒ただ企業のHPを貼り付けて、読んでおけ!ということはなく、 エージェントさんが自分の言葉で企業を説明してくれる。あまり興味がなくても、行きたくなってしまうくらい…。

 

⑤良い点

キャリアの棚卸しや職務経歴書の作成に関して意見をもらうと最高!


大手のエージェントさんとは違った視点からの意見が得られます。

 またエージェントさんの熱量が高く、

 中途半端なフィードバックではなく、真剣に考えてくれます。

(少なくとも私の担当の方はすごく一生懸命やってくれました。)

 

・一斉配信メールがない!


⇒ エージェントさんが本当に合うと感じてくれるところだけを紹介し てくれるので、情報の海におぼれずにすむ(笑)

 

・HPにも「転職ありきではない面談」も歓迎、と書いてくれている!


強引に転職をすすめてくることはありません

 私も、現職に残るのもよいのでは、というアドバイスももらいました。

 そこで慎重に考え直して、やっぱり出たい、という結論になりました。

 

・転職活動を離れてもメンターになってもらいたいくらい信頼できる!


⇒私の場合、最終的に他の転職サイト経由で内定が出ました。

 ただいちばん信頼していたのがGoodfindのエージェントさんだったので、

 その会社に入ることをどう思うか、迷惑を承知で聞いてみました。

 すると企業のことを調べてくれたり、

 獲得できるスキルについて一緒に考えてくれました。

 Goodfind経由で入社できたわけではないため、私は利益にならなかった人間ですが、

 たくさん頼らせていただいて本当に助かりました。 

 厚かましいですが、今後も相談にのってほしいと強く思いました。

 

⑥注意点

 

・「就社させる」という概念は皆無と思われる

 

ベンチャー気質の方々なので、会社で働く目的はスキルの習得が第一。 
 だからいい会社かどうか、という基準は、目先の給与や福利厚生ではなく

 これからの社会で必要とされて、自分のやりたいことを実現するスキルがつくか。

 一生安泰の会社を見つけてもらいたい、という気持ちだと向かないかも。

 

・既存の業界に関してはかなり悲観的な予想をしている

 

「変化は起こる」という価値観で動いていて、

いま安泰の会社も油断できないという危機感も強いです。

マスコミの世界に関しても、私が中にいて感じているよりもずっと悲観的な予想を…。

 

個人的には、少なくともweb, ITの世界の人が言っているほど、

マスコミは(まだ)オワコンではないと思っています。

なんだかんだ、企業に体力はまだ残っている雰囲気はある。

お金も実はある。


ただどちらを信じるか、 という話ではなくこういう予想もある、というのは

すごく勉強になりました


自分の頭で考えずエージェントさんの言葉を鵜呑みにして、

まだなんとか持っている業界をなんとなく出てしまい、

何十年後やっぱり残っていればよかった… となる可能性もあるかもと思いました。


どんな場合もそうですが、自分の頭で判断することが必要です。

 

 

【結論】
ベンチャー志向でない人こそ、登録してみるべき。
キャリアに対する考え方が広がります。

 

ランキングに参加しています!
どうかぽちっとお願いします!

にほんブログ村 テレビブログ プロデューサー・ディレクターへ
にほんブログ村