マスコミの中の人

テレビの報道記者が書きたいことを書いています。あ、でも転職するんだった!次は出版社です。

放送大学大学院の試験、今年はどんな問題が?注意点は?

10月の第1土曜日は毎年、
放送大学大学院の1次試験です。
私も受けてきました。
f:id:lovepicnic123:20181008105847j:plain

結論から言うと、
撃沈…

また来年お待ちしてますって感じでした。

忘れないうちに、とりあえず速報を書こうと思います。

【内容】
(1)試験前に絶対確認すべきこと
(2)会場の雰囲気
(3)で、どんな問題が出たの?~英語~
(4)注目の専門試験は~社会経営科学コース~

(1)試験前に絶対確認すべきこと

もちろん皆さんやられているかと思いますが…

受験票の注意事項をよく読む

これを怠った私はやらかしました…

試験までの間、
英語が得点源の私は、電車の中で単語帳アプリを使ったり、
忘れている単語を暗記しようと必死。

前日の寝る前に、何気なく受験票を見てみると
「英語の試験のあるコースは辞書の持ち込みを許可します。」

…ん?辞書?
え、辞書持ち込んでいいの?
うわぁぁぁぁぁぁ…

単語など覚える必要はなかったのです。
他にやるべき勉強がたくさんあったのです。

さらにアクシデントは続く。

デジタル社会の影響により、紙の辞書なんて高校生以来使ってない
いや、高校生のときですら電子辞書持ってた。
実家の本棚でほこりを被っている辞書の存在が頭に浮かぶ。

どうしよう。
手元に紙の辞書なんてない。

試験の開始は9時半。

もう絶対間に合わない…
図書館も本屋ももう閉まってるし、気づくのが遅すぎた。

絶望的な気持ちになりながら、

「東京 本屋 早朝」とか「東京 本屋 24時間」で
検索しまくりました。

わらにもすがる思いだったよ…

すると!

山下書店大塚店が24時間開いているではありませんか!

午後11時45分、
辞書の在庫を確認する電話をかけました。
ちょっと眠そうなお兄さんが、在庫のある辞書のメーカーと、
大人でも使えそうなものを確認してくれて、
明日の朝、本屋に寄ってから試験会場に行くことに決めました。

一件落着。なのかな。

いろんな放送大学生のブログを読んでいると、
放送大学はいろんなことが自己責任、みたいに言われていますが、
まさにそのワナにはまりました。

自分だけは大丈夫、と思っていたのが甘かった。

とにかく試験会場でみんなが辞書を取り出しているのをみて焦る、という最悪の事態だけは免れたので、
心を落ち着かせて眠りについたのでした…

(2)会場の雰囲気

私は文京区学習センターで受験しました。
各コース20人くらいずつ受験者がいて、年齢層は30代~60代くらいと幅広かったです。若い人はいませんでした。

(3)で、どんな問題が出たの?~英語~

英語は1000字以内で要約しなさい、でした。
問題量は6パラグラフくらいで、A41枚半くらいの長さ。
全文和訳の方が機械的にできて楽なんだけど…仕方ない。

トピックは、イノベーション分野で日本の国際競争力が低下している、どうしようか…という内容。

文が長く意味がとりづらい文が数ヵ所ありましたが、
流れとしては
日本の競争力落ちている→特にイノベーションの可能性の分野と、産学連携が弱い→世界的な現状は第4次産業革命でこんな技術が→その技術により社会はこう変わる→だから日本はこうやって克服すべき
という流れでした。

2、3回辞書を引いたので、
きのう本当に気づいてよかった。

ちなみに院試の試験時間は2時間
回答用紙はマス目つきの片面400字が5枚
他にマス目なしの下書き用紙ももらえます。

社会経営科学コースは3枚しか使わないので、
私は後半2枚を下書きとして使っていました。
最後に消しましたが、よかったのかな…

でも量が多くて書き写すのに時間がかかり、
結局英語を解き終えた時点で1時間半経過していました。

(4)注目の専門試験は~社会経営科学コース

いやーこれもやらかしました。
社会経営科学コースの試験は、過去問を見るとわかるとおり、800字の論述。
しかも分野が
政治学、国際関係、法学、経営学、環境・都市計画など分かれています。
私が比較的知識のある「公共政策」はないのね…

それで「自分の研究テーマにいちばん近いと思われるものを選んで回答しなさい」という指示。

私はこれを真に受けて
なんとなく近そうな分野を
大学の専攻とまったく関係のない「国際関係」を選択。

「中国の台頭が国際秩序に対して持つ意味を答えよ」
的な問題でした。

持つ意味って…書けない…

結局、アメリカ国連中心の秩序が経済的にも政治的にも崩れて、ともすると国際レジームがなくなり不安定になる、みたいな極めて一般的なことしか書けませんでした。つら…。

いやどう考えても、
自国優先主義、みたいな系統か
移民関係で問題がくると思ったんだよな…。
読みが完全に外れて、気が動転してしまった。とほほ…。

ちなみに他の分野は

政治学
・日本に女性の政治家が少ない理由
ポピュリズムと民主主義について

経営学
・移民政策、外国人労働者を多く受け入れている国でのデメリットと、日本はこれからどうしたらよいか

のような問題だったと思います。
けっこう王道。

また来年がんばろう、と思いながら丸の内線に乗りました。

一緒に勉強してくれる方、
募集しています!!